BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員
BLACKPINKが東京ドームをファンの歓声で埋め尽くした。
今月8日と9日の2日間、BLACKPINKは東京ドームで「BLACKPINK WORLD TOUR BORN PINK JAPAN」を開催した。
2019年に開催されたワールドツアー「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」以来、約3年4ヶ月ぶりに開催された今回の公演は、以前の2倍以上の規模で企画され、早くも現地メディアとファンの高い関心を受けた。
そのため、チケットは史上最高の競争率を記録して即完売し、公演の前日にオープンした視野制限席まですぐに完売となった。4月1日から10日まで東京・渋谷のMIYASHITA PARKで展開されたポップアップストアも多くのファンで賑わった。そのような熱気のなかで開かれたコンサートには2日間、計11万人の観客が集まり、BLACKPINKの圧倒的なパワーを実感させた。
BLACKPINKはいつにも増して情熱的なオープニングでファンの期待に応えた。ファンの歓声と共に登場した彼女たちは、『How You Like That』『Pretty Savage』『WHISTLE』で強烈なパフォーマンスを披露。続いて、米ビルボードと英オフィシャルチャートで1位を記録した2ndフルアルバムのタイトル曲『Shut Down』をはじめ、『Kill This Love』『DDU-DU DDU-DU』『Lovesick Girls』など大ヒット曲を披露した。
グループだけでなく、メンバー別の魅力が引き立つソロのステージが会場をさらに盛り上げた。ジス、ジェニー、ロゼ、リサの4人は自身だけのオーラと音楽が溶け込んだパフォーマンスで、東京ドームを圧倒した。
メンバーたちは既存のセットリストからアンコールまで休まずに走り続け、高いライブ能力を再証明した。豊かなバンドサウンド、YG ENTERTAINMENTの公演ノウハウが集約された多彩な演出も、ファンの心を捉えた。東京ドームに訪れたファンは歌を一緒に歌いながら、最後の瞬間まで公演を楽しんだ。
BLACKPINKは最近、約150万人を動員するK-POPガールズグループ最大規模のワールドツアー「BLACKPINK WORLD TOUR ‘BORN PINK’」を展開中だ。昨年、7都市14公演の北米と7都市10公演のヨーロッパツアーを成功裏に終了した後、アジアでさらに多くのファンと会っている。今年6月3~4日には、京セラドーム大阪で再び日本のファンに会う計画だ。チケットは完売を記録し、日本最大の動画配信サービス「U-NEXT」を通じて生中継される。

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

kpopdrama.info BLACKPINK東京ドーム公演、計11万人を動員

guest
0 コメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示